日本RPF工業会会員各社は、統一された品質基準のもと高品位のRPFの安定供給とその拡大に つとめております。

品質基準

  • HOME »
  • 品質基準

point2抜粋

以下は、JIS Z7311:2010 「廃棄物由来の紙, プラスチックなど固形化燃料(RPF)」の抜粋である。
当該JISは平成22年1月20日に制定され、一般財団法人日本規格協会(JSA, http://www.jsa.or.jp/default.asp)において販売されているので参照のこと。

point2適用範囲

廃棄物由来の紙, プラスチックなどを主原料として、圧縮成形、押出成形などによって固形化した燃料(以下、RPFという。)の製品仕様について規定する。

point2種類

RPFは、表1に示す品種及び等級によって区分する。
表1-RPFの品種及び等級

品種 a) RPF-coke c) RPF d)
等級 b) A B C

a) 品種は、高位発熱量によって区分する。
b) 等級は、全塩素分の質量分率(%)によって区分する。
c) コークス並みの高位発熱量を持つRPF。
d) 石炭並みの高位発熱量を持つRPF。

point2品質

表2-RPFの品質

品種\等級
RPF-coke
RPF
測定方法
A B C
高位発熱量 MJ/kg
33以上
25以上 25以上 25以上 JIS Z7302-2
水分 質量分率(%)
3以下
5以下 5以下 5以下 JIS Z7302-3
灰分 質量分率(%)
5以下
10以下
10以下
10以下
JIS Z7302-4
全塩素分 質量分率(%)
0.6以下
0.3以下 0.3を超え0.6以下 0.6を超え2.0以下 JIS Z7302-6

※)試料のサンプリングは JIS Z 7302-1 に準じる。

point2原料

RPFの主原料は、廃棄物由来の紙、プラスチックなどとする。 RPFの品質が表2に示す品質項目の規定に適合する範囲内で、木くず、繊維くず及びゴムくずを、主原料に混合することができる。

point2分類規則

表2に示す各品質項目の分類限界値との比較は、毎月1回以上の頻度で測定された直近の連続する6回の試験結果の平均値によるものとする。ただし、受渡当事者間の協定により、平均する試験結果の個数を増やすことができるものとする。
(平成22年1月20日制定 日本工業標準調査会審議 日本規格協会発行 )

ログイン

Copyright © 一般社団法人日本RPF工業会 All Rights Reserved.